任天堂の売上・利益が伸びるワケ


任天堂












日本が世界に誇るゲーム会社で

私たちも一度は手にしたことがありますよね。


直近の業績は以下の様に

売上2倍、営業利益6倍という結果でした。


































その要因はご周知のとおり

1.時流に乗ったヒット商品(ハード&ソフト)

2.販路開拓(海外)


であると言えます。



ではヒット商品を生み出す為に

何をしているのか?

もちろん研究開発費ですね。

研究開発費にどれだけの資源をつぎ込んでいるのかを

調べてみると以下の事がわかりました。



緑が研究開発費・黄色が粗利(売上総利益)・ピンクが営業利益



毎年700億円を投じ

売上総利益が低く、営業利益が赤字に転じても

研究開発費700億円は下がっていません。



この様に我慢強く「研究開発」を行い

売上・営業利益を伸ばしている事がわかります。



私たちの会社でも検討しやすい様に

ブロックパズルで分解してみましたのでご参照ください。

直近2年間を比較してみました。




この様に商品の研究開発に資源を投入し

売上・利益を上げている

任天堂の事例でした。



因みに

営業利益が下がっても

吸収できるだけの現金は持っておられます。



どれくらいかと申しますと


自己資本比率  85%

現金     約1兆円   (2017年)

でした。



御社の売上を伸ばす為に

何に資源投入をすると効果が出るでしょうか??




<参考資料>

任天堂IR資料

Yahoo!ファイナンス

218回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社