流通チャネル


自社製品・サービスをエンドユーザーに

販売する際、直接ユーザーに接触することは

ほとんどありません。



私たちの身の回りで考えてみましょう。


・クルマは?

 自動車メーカー>販売代理店>一般消費者



・歯磨き粉(日用品)は?

 歯磨きメーカー>問屋>小売店(ドラッグストア・コンビニなど)>一般消費者



・美容室のシャンプーは?

 メーカー>問屋・ディーラー>美容室>一般消費者



・本は?

 出版社>出版販売会社>書店>一般消費者



どれも私たちの身の回りにはるものでも

直接生産者から買う事はありませんでしたね。



因みに今、Amazonが台頭しているが

Amazonも上記の『問屋』や『販売代理店』

という位置づけとなります。

 


もしあなたが、今から商品を世の中に売るのであれば

どの流通チャネルを使うと、思い通りにお客様の手元に届くでしょうか。


 

どの地域のどの規模の会社と手を組み流通させるのかを

検討し、その会社を説得しタッグを組んでいきます。




小さな会社でも

世の中に多く広げるには、流通チャネルの活用が

重要ではないでしょうか。



あなたはどのチャネルを活用しますか?


78回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社