99%のお客様に断られ続けた日々

最終更新: 2019年9月16日



大手企業を退職後、恩師に誘われた健康機器代理店で

「世界最小の健康機器」と巡り合い、

価格2万円の商品の営業を 私一人で挑戦できる環境を得ました。


500円玉くらいのサイズで、肩こりが楽になる健康器具です。

私自身試してみて、本当に効果が実感できるものでした。


商品に絶対の自信をもっており、これならたくさんのお客様の役に立てる!

と、毎日心を踊らせ、お客様のもとへ訪問を続けていました。


しかし、そんな想いとは裏腹に、現実はかなり厳しかったです。


「高い!」「いらない!」「他の商品があるし!」


お会いしたお客様、100人99人くらいの方から、このように断られ続けました。


どれだけ自分が素晴らしい商品と思っていても、

お客様に伝えるのはそう簡単ではありません。


​さすがに99%の人から断られ続けるという状況は想定外で、非常に辛いものでした。

そんな中で、私にとって最もショックな出来事が起こりました。


ある日お客様にこんなことを言われたのです。


「こういう商品って嘘つけるしね!」


涙を流すほどの悔しさを覚え、思わず怒鳴りそうになりました。


「私は嘘なんかついていない!」

「誰にも嘘つきなんて言わせない!」


私は騙して販売をする気持ちなど微塵もありません。

しかし、お客様の目にはこのように映ってしまう・・・。


どうしたら売れるのか、全くわからず悶々とした毎日を過ごしていました。


ある日、仕事を終え、布団に入り眠りにつこうとしたとき、

ふと、実家のことが頭に浮かんできました。


京都 嵐山の商店街で、母が経営していた小さな洋服のブティック。


母が、お客様一人一人の体型や悩みに合わせて大切に服を仕入れ、提案し接客していた姿。

どんなに忙しくても、どんなにしんどくても、そのようなことは顔に一切だしません。


商店街の小さなお店は「信用・信頼」が無いと成り立たないからです。

一方、自分が販売しているのは、「世界最小の健康機器」。


果たしてこれは、本当にお客様から「信用・信頼」が得られていただろうか?


母が亡くなった時、自分は何を思ったのか?


「私自身がもっと社会を知り・売れる仕組みや財務、お客様の気持ちを知り、

伝える事が出来たら・・・出来ていれば!」


このような想いと、母の一生懸命営業している姿が脳裏に浮かび、

今の自分と照らし合わせてみました。


すると、今までの疲れは吹き飛んで、沸々と闘争心がわいてきました。


「これをどうしても売りたい!お客様の役に立ちたい!」


>>>>続き​

大阪から新潟まで。大学院での研究の日々


0回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社