【本当のところ、あなたは何を売っているの?】

おはようございます。にほん営業科学です。

     

 

「私は一体、何を本当に売っているのか?」といった考えが

  

頭によぎったことはありませんか?

   

  

とても難しい質問だと思います。

  

 

例えば、PCを販売してたとすると、

 

「PCそのもの」が求められて、販売するケースは少ないと思います。

   

 

本当に欲しいものは、PCを使って動画を作りたいだとか、

 

仕事をするためにPCでExcelやweb環境などですよね。

  

  

他に事例を上げますと、子供向けの教材で「進研ゼミ」があります。

  

  

添削指導の「赤ペン先生」はとても有名ですよね。

    

   

昭和31年の販売開始当時から、添削指導を売りにされていました。

    

 

ここで、進研ゼミは「勉強の教材」を販売するのではなく、

  

「添削」を売りにしているのだな、とお思いかもしれません。

    

  

しかし、「教材+添削」という機能を販売しても、

  

中々売ることが難しかったそうです。

  

   

そもそも子供に「勉強に興味をもってもらう」ことが非常に難しいですよね。    

   

  

販売不振から抜け出すため、どう変化したのかといいますと、

   

「コミュニケーション」を販売するというコンセプトへ転換したことです。

  

 

主に次の3つを、コミュニケーションによって実現したことです。

  

・勉強に興味を持ってもらい

  

・習慣的に取り組み、学習成果に達成感を感じるように。

    

・そのために親も巻きこんで支援をする。

    

  

もし、あなたが親の立場であれば興味をそそられませんか?   

  

   

ただ単に子供に勉強をさせるのではなく、自主的に勉強を楽しんで、

    

習慣的に学習をすることが実現できるとしたらどうでしょう?

  

 

進研ゼミにとても興味を持つと思います。

  

   

事例が長くなりましたが、

  

「何を本当に売っているのか?」を追及していくと

  

進研ゼミのような、本当に求められている価値が見えてきます。  

  

      

「私は一体、何を本当に売っているのか?」

  

と一度立ち止まってじっくり考えてみて下さいね。

    

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社