「基(モト)を築き、本(モト)を見極め、そして源(ミナモト)になる」

営業の診える化を実現するCRMツール「GoCRM」

●何故GoCRMが必要なのか?

→大量のExcelファイル、メール、紙媒体・・・煩雑な作業を一括で管理

●基(モト)を築く

お客様の情報(嗜好、性別年齢、購入履歴など)、

営業日報、営業マンのスケジュール、販売のプロセスなどの

情報を見える化させることは、どこの企業でも実施しております。

ただ、Excel、手帳、ノートなどで集め管理することに煩雑さ、

また量的な限界を感じておられないでしょうか?

 

例えば、次のような問題を抱えておられる

企業様がCRMの導入を検討しておられます。

●営業プロセスの情報が当事者しか状況が分からず、

お問い合わせがあっても対応ができない

 

●過去に使用されていたユーザー情報が共有されておらず、

営業マン個人の能力や記憶に頼りきっている

 

●営業担当者が当日、上司に日報をExcelで提出。

上司はその日報にコメントを返していましたが、

このやり取りに時間がとられるし煩雑で面倒。

●メールの件数が増えすぎて、処理に時間がとられる。

もし、一つでも心当たりがあるならば、

このページを読み進めていただけましたら幸いです。

CRMツールは、お客様のために必要となる情報を1か所に集約させます。

Outlookを開いて、Excelを開いて、紙の記録を探して・・・

ありていに申しますと面倒ではないでしょうか?

GoCRMは、面倒な行動を一括して処理することができます。

そして、関係者がいつでも見える状態することで、

どんな地震が来ても揺らがない「基」を構築することができます。

 

営業日報、販売のすべてのプロセスを共有し、

営業活動を全員で確認し合う。

上司は、戦略や計画をブレなきようデータに基づいた判断を

素早く下すことができる。そうしてできた基盤は、

営業マンによって対応が違うという、

会社としてのブレがなくなることを保証します。

●導入すると何ができるのか?

→どのレベルの人でも、営業プロセスの診断ができるようになります

②本(モト)を見極める

 

CRMを導入して、情報を一括に集めらました。

では、そこからどのように活用していくか?

GoCRMがあるということは、いつでもデータに基づいた

判断ができるようになるということです。

すべての営業マンの販売プロセスや、

お客様の記録にアクセスできます。

 

そして、収集した情報を省察することで、

何が売れる要因となっているのか?

本質を見極めていくことが可能になります。

 

本質を見極めるということは、

戦略や計画の立案だけでなく、

営業マンの能力向上にも役に立ちます。

 

例えば、営業マンがお客様の情報、

どのような行動、トークなどを作っていくか、

その詳細な記録をGoCRMに記録していきます。

それを全員で分析し本質を見極め、

ノウハウを蓄積していきます。

その情報を、全員が迅速にアクセスできる環境があれば、

現場はどのように変化するでしょうか?

 

新人の営業マンにとっては、

非常に大きな助けになることは間違いありません。

また、上司は部下とツール上でディスカッションすることで、

データに基づいた的確なアドバイスをすることができます。

 

最新かつ現場の情報に大量に触れることで

能力があがった営業マンは、情報を記録するだけではなく、

本質からもっとこうすれば売れるようになると、

営業プロセスの診断ができるようになります。

これが、営業を「見える化」から、「診える化」に進化します。

 

ただ、情報を記録して「見える化」しても

役に立たせることができるのは、ごく一部の人だけです。

しかし、GoCRMを活用することで実践に則した学びが

得られることもできることで、

営業マン全員が販売の現場を診断できる

お医者さんになれるということです。

 

また、弊社の営業コンサルタントのアドバイスにより

「営業の診える化」のスピード実現が可能です。

 

→井上保の実績はこちらから

●営業プロセスの共有化へ

突然トップ営業マンが去ったとしても、売上が下がらず維持することができますか?

③そして源(ミナモト)になる

 

「彼れを知りて己を知れば、百戦してあやうからず」

経営者に愛好家が多い、孫子の兵法書にこのような記述があります。

 

我々は「己を知らない」ということで、

戦いに敗れるということが多く見受けられます。

 

最初に、問題を抱えておられる企業で

「営業プロセスの情報が当事者しか状況が分からず、

お問い合わせがあっても対応ができない」

という悩みがありました。

これはサービスの質を落とし、企業にとっては大きなロスではないでしょうか?

 

原因は、共有するツールがない、

自社の情報を知り得るツールがないために

「己を知る」ということが達成できずにいたためです。

 

ITやネットがない時代、

誰もが皆同じ条件ならば紙だけでも通用したでしょう。

しかし、大半の企業がCRMを導入している中

「己を知る」という点では、紙やExcelでは勝ち目がありません。

 

情報管理に優れていることは、

お客様に質の高いサービス、

価値を提供するための前提条件といっても過言ではありません。

 

「己を知っている」ということは、

次の問いにYesと答えられるはずです。

 

●明日突然トップ営業マンが去ったとしても、

売上が下がらず維持することができますか?

 

情報管理が徹底され、担当者が変わったとしても、

サービスの質を落とさずに同じような対応が素早くできる。

これは自社のことがよく分かっているからこそできる芸当なのです。

 

豊富に蓄えられた水源は、やがて潮流となっていきます。

過去の詳細な営業プロセス、顧客の情報、

販売ノウハウが一括して集まった水源は

どれほどの価値があるでしょうか?

 

その水源は、お客様への質の高いサービス、

価値を提供するという想いの支えになってくれるはずです。

GoCRMが、貴社のお客様のためになることを、

にほん営業科学は切に願っております。

●機能の紹介(デモサイト)

 

CRMのツールは世の中にたくさんあります。
ただ、導入したもの不満をもたれる企業がたくさん存在するのも事実です。

例えば、このような不満です。

●複雑で使いにくい
・機能が複雑でどのように使っていいのか分からない

●管理画面が見にくい
・管理画面が社員から見づらいと声が多数上がり、結局使わなくなった

 

●本当に欲しい機能がない
・会議室の予約管理機能などが欲しかったのに導入してみたらなかった


これらの問題を解決するために、

導入前に綿密な面談を実施し、

マネージメント上必要なものを抽出いたします。

貴社にとって、カスタマイズ性の高いCRMツールを構築いたします。

下記デモサイトで機能の一部の体感いただけます。

●導入までの流れ

STEP1:ヒアリングの実施

<GoCRMがお客様に適応するか判断>
まずは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
CRM導入の目的・お客様の業務内容を確認のため、
訪問またはweb上で面談いたします。
GoCRMの基本的な構造をご理解いただき、
その上でお客様の業務に適しているか診断致します。

 

STEP2:デモサイトの作成(ご利用契約)

<ご利用契約を交わします。※構築費用が発生します
ヒアリング内容より、お客様用の個別デモサイトを作成いたします。
マネージメント上必要となる情報(顧客の情報、営業活動など)をベースに、
綿密な打ち合わせ後、貴社向けのデモサイトを作成いたします。

 

STEP3:運用ルールの設定

<GoCRMの運用の流れを確認>
デモサイトで設定した項目を確認しながら、運用ルールの設計を行います。
ユーザーの1日の業務の流れや、現状のマネージメントの実態に合わせた
CRMの運用の流れを構築します。

STEP4:実データの入力

<既存の実データを入力>
顧客情報、案件情報など、すでに社内にあるデータをGoCRMに入力します。
GoCRMがどのように運用できるか確認いたします。

 

STEP5:正式な運用を開始

<現場ユーザーへ操作方法の説明>
正式な運用を開始いたします。この時点から月額料金が発生します。
(月額料金はこちらよりご確認ください)
GoCRMの基本操作を理解いただき、現場の皆様が実践できるよう集合研修方式で
トレーニングを実施いたします。

●Q&A

①そもそもCRMとは何ですか?

CRMとは「Customer Relationship Management」の略称になります。
お客様一人ひとりの情報を一括で管理することができます。
例えば、趣味、嗜好、面談の記録、

購入の履歴などを全員で素早く共有できることが可能です。


これにより、「担当者がいないから分からない」

などといった問題もなくなりますし、
一部の営業マンだから売れるといった、

偏りもなくすことができます。
CRMを導入することで、

全社で一貫した顧客対応が可能になります。


②他社製品とは違うGoCRMの特長は何ですか?

CRMのツールは世の中にたくさんあります。
ただ、導入したもの不満をもたれる企業が

たくさん存在するのも事実です。

例えば、このような不満です。

●複雑で使いにくい
・機能が複雑でどのように使っていいのか分からない

●管理画面が見にくい
・管理画面が社員から見づらいと声が多数上がり、結局使わなくなった 

●本当に欲しい機能がない
・会議室の予約管理機能などが欲しかったのに導入してみたらなかった


これらの問題を解決するために、

導入前に綿密な面談を実施をいたします。
御社にとって、カスタマイズ性の高い

CRMツールを構築いたします。


③実際に導入しているのはどのような企業ですか?

Vtiger CRMはレノボを始め、世界で30万社が導入しています。
弊社のGoCRMは、Vtiger CRMをカスタマイズして開発しました。

日本の企業も現在着実に増えている状況です。

その理由は、やはりExcelや紙で管理することが

非常にコミュニケーションのロスが大きいためです。
クラウド上にすべての情報があるため、

いつでもアクセスすることができます。


④導入後のサポートはしてくれますか?

3年間の無料サポート対応を実施しております。

(ただし一部のサポートは有料になります。)
他にも有料になりますが、技術者の派遣、

説明会、経営コンサルタンのアドバイスなどサポートいたします。


⑤GoCRMの実際の画面操作を試してみることはできますか?

こちらのサイトから無料でデモをお試しすることができます。

 

 

 


⑦分からないことがでてきたときはどうすればいいですか?


弊社のメールフォームよりご連絡ください。
3年間の緊急サポート対応を無料で実施しております。
(※技術的に難しい場合は有料になります。)
また、インストラクターの派遣はいつでも可能です。


⑧運用に行き詰ったとき相談にのってくれますか?

CRMを導入して、どうすればよりお客様にそったCRM運用ができるのか?
など、課題が出てくることが予測されます。
専門の経営コンサルタントがいつでも対応いたします。
 






 

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社