【隠れた問題点をリストアップする方法】

にほん営業科学ニュース_vol15


おはようございます。にほん営業科学です。

 

ビジネスで問題が起きたとき、

我々は原因を分析したり現状を把握することをします。


例えば、


「先月の売り上げが20%ダウンした」


と問題が起きたとします。



そうすると「なぜ?」と、多くの方は疑問を持たれますね。



「なぜ先月の売上が20%ダウンしたのか」


と、原因を分析していきます。



さて、ここからが大切なことです。


本質的な問題を探すためにはもう2つ質問が必要です。


1)「マイナス面はなにか?」


2)「なぜ悪いか?」



マイナス面は何か?ですが、


言い換えると「何が思わしく無くて、売上がダウンしたのか?」


ということです。



例えば、


・営業チームの雰囲気が悪く情報の伝達不足

・営業をしたエリアがよくなかった。


など、ネガティブな要因を上げていきます。



そして、もう一つの「なぜ悪いのか?」は、

とり上げたマイナス面一つ一つに対して考えていきます。



「営業チームの雰囲気が悪く情報の伝達不足」

に対して、なぜ悪いか?と問うて答えをだします。



例えば、

・上司からの圧力が強く、部下が逆らえない状態

・情報共有の仕組みがない


などです。



これを繰り返していくと、

複数の原因や問題が現れてきますね。



こうなって初めて、現状の把握に進めることができます。


問題の分解がないと「上司の圧力の強さ」が今どのような状況か、

調べることも気づかないですよね。



今は簡易的に例を上げましたが、

現場の状況はもっともっと複雑だと思います。



とり上げた問題すべてに力を注ぐことも不可能です。



最も根本的な問題を発見するには、

コンサルティングを受けてくださいね。

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社