【世界最古のアイディア発想法を試してみる】

こんにちは、にほん営業科学です。

今日の記事は、自分の枠を超えたアイディアを発想する方法をお伝えします。 

世界最古の発想法といわれる「ランダム刺激」というものがあります。 

これは、ニュートンの話がとても有名です。   

ニュートンがリンゴを落ちるのを見て、重力を発見した。

という話がありますが、厳密にいうとちょっとストーリーが違います。

ニュートンはリンゴが落ちるのを見る前に、瞑想にふけっていました。

「月ってなんだろう?」 

「地球と一体なにが違うのだろう?」

その時、偶然目の前にリンゴが落ちたのを見かけました。

リンゴの落下を見た瞬間次のように考えたそうです。

「月にもリンゴを落とすのと同じ力が働いているとしたら?」 

この発想を得て計算をしてみると、重力というものがあるのでは?と発見しました。

ニュートンは「偶然落ちたリンゴ」という視覚的な刺激をうけて、

自分が抱えていた問題と結びつけたのです。

このように偶然自分に起こった刺激を、ランダム刺激といいます。 

さて、現代の私達にとって、とても有用なリンゴがあります。

それはGoogleです。  

Googleを使ったランダム刺激をやってみます。

①適当にタイピングして検索します。

私も試してみましたが、こんな感じで検索しました。

→「あえいれうv」

※怪しそうなサイトは気をつけてください!

すると、「空中写真利用による森林調査法」

という256ページに渡るPDFファイルがありました。

私の生活上では、絶対に出会うことはない文献です。 

ざっと内容を見てみます。

このような手法で森林の調査をされ、

管理されている方がいらっしゃると思うと

感謝の気持ちに満たされました。  

②発想したい自分の問題と結びつけてみます。

私は「新商品を開発したい」という問題がありますので、

森林管理や空中撮影という現象と結びつけてみます。 

③思いついた疑問をメモに書き留めておきます。

「空から観察するように、もっと俯瞰してみるとどうだろうか?」

「森林を現状把握する手法と、何か関連はないだろうか?」

「林を分析する計算は、オンライン上の人の行き来に取り入れられないか?」

このような感じで、①〜③を10回くらい回します。

ほぼ100%、普段絶対に発想しないようなアイディアがでます。

ポイントは、実現可能とか常識を一度横においておくとベストです。

結構面白いので、是非試してみてください。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示