top of page

【ユーザーが求めていないものを知っていますか?】

おはようございます。にほん営業科学です。 

 

       

ビジネスの基本として、

  

「ユーザーが求めているもの」を

   

把握して、その問題を解決するような商品を作成すると思います。

    

  

ニーズを把握しましょう!という言葉はどこへ行っても聞きますよね。

  

    

ただ、ここで私たちが見落としがちなことがあります。

  

  

それは、

     

「ユーザーが何を求めていないか?」

   

という部分です。

  

   

???と思われた方もいらっしゃる思いますが、

  

「こんな機能いらないんじゃない?」と

  

思うものが身近な物でないでしょうか。

   

   

例えば、家電製品で絶対に使わない機能などあると思います。  

   

   

お粥も全く食べない人に、お粥を作る機能のある炊飯機はいらないですよね。 

  

    

これが「ユーザーが何を求めていないか?」という部分に当たります。

   

   

実はこの部分の見極めが、かなり難しいのです。

   

   

それは、「この機能は必ず多くの人の役に立つはずだ!」と、

   

どうしても開発者の想いやこだわりが入るためです。

  

  

苦労して開発したものが、全然必要とされていなかった、

  

となると、誰もが反発したくなる気持ちになりますよね。 

    

    

しかし、デメリットになる場合があることも知っておいて欲しいのです。

    

  

誰も求めていないものをいつまでも販売していると、

   

売上を上げることが難しくなりますし、

  

なりよりあなたの想いもお客様に伝わらなくなるためです。

  

   

業界や社内では当たり前になっているけど、

    

「本当はこれいらないんじゃない?」

   

というものを探してみてはいかがでしょうか?

  

    

ここに、商品開発の大きなヒントがあるかも知れないですよ。

 

閲覧数:19回

Comments


bottom of page