【一時的なプロジェクトで必要なリーダーシップ】

おはようございます。にほん営業科学です。 

  

    

仕事をするときに、一時的なプロジェクトってありますよね。    

   

例えば、6か月間だけ新商品の販売テストに、

   

各専門家が集まったりするパターンです。

    

  

仮の話ですが、あなたはプロジェクトリーダーになり、

    

リーダーシップをとることになりました。

  

  

さて、リーダーになったあなたは、どうやって、チームを成功に導くでしょうか?

  

どうすれば、メンバー1人1人が意欲をもって仕事に取り組むようになるでしょうか?

  

  

気になった方は、是非読み進めてください。

 

  

結論ですが、チームメンバーが以下の4つの考え方を自然と認識していることです。

   

 

・新しい方法を試す挑戦しがいのあるものであり、分からないことに満ちている

  

・損失に気をつけながらも、できるだけ多くの学習をすることが当たり前の目標 

  

・コミュニケーションを図り、相互に依存しあって行動する、困難も克服しやり遂げると信じている

    

・リーダー以外のメンバーは、パートナーであり、チームメイトである。

  

 

言葉で書くと簡単ですが、実現させようと思うと難しいのではないでしょうか?  

    

  

これを実現させるには、どのような行動を起こせばよいでしょうか?

    

   

1つ絶対に欠かせないことがあります。

   

  

それは、一人一人に「あなたは理由があって選ばれているのだ」とかなり明確に伝えることです。

  

    

これにより、このプロジェクトの成功にはあなたの力が絶対的に重要だということを

  

認識してもらい、そして主体的に関わってもらえるよう促します。

  

  

ポイントは、かなり明確に伝えることです。  

  


例えば、

   

「あなたは営業歴9年で、過去に何度もトップの成績になっている。だからこのプロジェクトに選んだ。」

  

という伝え方では、相手にとって意欲がでるかといわれると、そうではありません。  


     

何故、営業歴9年の私が選ばれたのか?


何故、トップの成績だからといってこのプロジェクトに関係があるのか?

  


という理由を明確に伝えることが重要です。

  


      

逆に、失敗するケースが

 

「あなたは専門家だからできるでしょ?」と、

  

こういったことを全く伝えないことです。

    

   

例えば、「あなたは、あなたの仕事をすることが当たり前でしょ?」 

  

という、言い方をすると簡単にチームは瓦解します。

      

     

リーダーがこのような態度をとっていると、

       

チームメンバーは、受動的になり意欲がそがれるのです。

  

    

もし、あなたがリーダーになったなら、メンバーに

   

「あなたは理由があって選ばれているのだ」と明確に伝えてください。

  

     

シンプルながら、強力で今すぐ実行できるマネージメント方法です。

    

16回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社