第6回「色んな人と合うけど、結局ビジネスの関係へ発展しない…」自己紹介で損をしないために必要なこと

第6回:自己紹介でストーリーの作り方


第6回は自己紹介で使えるストーリーについてお伝えします。


今回のポイント

・実績がまだない人はストーリーを使ってリーダーシップを提示する

・4つのステップでN字のストーリーの型を身につける



これまで、専門性、実績についてお話ししてきました。


でも、私にはまだ専門性に乏しいし、実績もない…。

どうすればいいでしょうか?


…という悩み、お声もよく伺います。



もちろんですが何かを始めた時は、誰でも実績がまだありません。


井上も実績ゼロからスタートしました。


この記事を書いている私も実績ゼロからスタートしました。


あなたの周りでビジネスで成功している人も最初は実績ゼロです。



とはいうものの、自己紹介で何を話せばいいのだろう…。


と落ち込む必要はありません。


唯一の武器がストーリーになります。

 

ストーリーといってもただ闇雲に物語を語っては無意味です。


重要なことは、ストーリーを通じてあなたのリーダーシップを提示することです。


「リーダーシップ」というと様々な意味で捉えられますが、


「あなたでなければ達成できない未来をみせてくれる」という意味で使います。



では、事例を交えてお伝えしていきますね。


最初にこちらの記事を見てみてください。


簡潔に書いていますので、5分もかからないと思います。


井上のストーリーはこちらです。

→https://www.ekagaku.com/concept


結論から書きますと、こちら記事の構成がストーリーの答えになります。


要約して中身を分析してみます。



①営業マンとしてスタートして売るぞ!!


②全く売れないしお客様から嘘つきと罵倒される。成約率ほぼ0%


③商品の研究のため大学院に入学し、大阪から新潟まで毎週土日通う


④商品に関する論文を書くことに成功し、売上も14億を越えお客様から信頼を得る


という流れになっています。



これをもう少し抽象的にとらえてみます。



①主人公は目標を見つけてそれに向かって頑張る。


②主人公にとって、とてもつらい障害にぶつかる。


③主人公は障害を乗り越えるために行動を起こす。


④行動を起こした結果、主人公は望んでいた価値を得る



こうするとストーリーの骨格がだんだんと見えてきました。



弊社ではこの①〜④の型を「N字のストーリー」と定義しています。


Nの文字斜線は、その人の人生の上がり下りを表現しています。


「/」の斜線は調子が良くポジティブに上がっていきます。

「\」の斜線は調子が悪くネガティブに下がっていきます。


Nをこの斜線「/\/」に分解して①〜④に当てはめてみると


①「/」よーし頑張るぞ!

②「\」もうだめだ!壁にぶつかった!

③「/」いや、ここは頑張って行動しよう!

④その結果欲しい価値が得られた!


これがストーリーの基本の型になります。



もう少し詳しく解説してきますね。



①は、物語の背景の説明になります。


健康器具の営業マンとして一からスタートした。

など、主人公が進んでいく方向や目標を話します。


ここはあまり長くならずに、完結に分かりやすく話しましょう。

状況説明は誰もがすぐに飽きます。


あなたは今どんな目標に向かって何をしていましたか?


と回答を完結に話すことができればよいです。




②は、目標に対して障害にぶつかったことです。


障害を考えるときに2つのポイントがあります。


それは「共感」か「インパクト」かです。


共感を重視するなら誰もがぶつかりそうなこと。


インパクトを重視するなら非日常なあり得ない障害です。



井上の場合は共感を重視しています。


営業マンとして売れない状況というのは誰にでも起こりえますよね。


今月も売り上げがゼロだった。

お客様に怒鳴られたり、追い替えされた。

自分って営業の才能ないのかな〜。


などです。


逆にインパクト重視ならば、


営業先が裏社会の人たちで訪問したら拉致監禁された。

手違いで10億の契約を白紙にしてしまった。


といったような非日常感を出してください。


どうやってこの障害を乗り越えたのか気になりますよね。


ただ、やりすぎるとただの面白い話で終わるので、

あなたの伝えたい専門性は必ず入れて下さい。


どちらにしろ、あなたの体験したことをベースにしてください。


そして、あなたが障害をどのように乗り越えて何をしたのか?



③は、障害を乗り越えるための行動になります。


ここではあなたのユニークさを入れましょう。


できれば「あなただから行動出来たこと」であればより良いです。



例えば井上の例では、


「毎週大阪から新潟まで大学に通って大学院で論文を書いた。」


という行動を起こして、商品に関する論文を書き上げました。



これって、誰にでもできるようなことではないですよね?


平日はフルタイムで仕事をしながら、毎週土日は新潟まで通って2年間大学院で研究をする。


とても商品を売るための情熱や覚悟を感じますし、その人だからできたという印象があります。



もしこれが「毎日コツコツ5件ずつ訪問して順調に売り上げを上げました。」


でしたら「営業マンなら誰でもできそうじゃん…」と感じないでしょうか?


もちろん素晴らしい行動で、行動を否定する訳では全くありません。



ここでは自分のビジネスに繋げるための自己紹介のストーリー作りです。


このままでは少しユニークさにかけますし、おそらく誰からも話しかけられることはありません。


かといって、もの凄い体験談を話さなければならないというと敷居が高くなってしまいます。