【他国のスタンダードを自社のビジョンと共鳴させる】

こんにちは。にほん営業科学です。

日本では、しばしば他国の文化が浸透するケースがあります。

先日ではハロウィーンがありました。

20才以上の方なら、幼少時代にはなかったですよね。

今では当たり前のように、10月になればハロウィーン一色となります。


店頭にはジャックランタンの飾りが、どこからともなく現れます。

ふと街並みを見ると、紫や黒のコントラストで彩られます。

誰かが意図して仕掛けて、それがSNSなどで広がったものだと思います。

何故このような事例が成功するのでしょうか?

その、ヒントのなる素晴らしい事例がありました。


記事タイトル引用:

5つ星ホテル総支配人に聞く“ナイトチョコ”の価値、質の高い睡眠を得るためにできることとは?


https://www.oricon.co.jp/special/55329/?ref_cd=oricontopics


事実関係の要点をまとめます。

①10年前からザ・キャピトルホテル 東急では、ナイトチョコレートの文化を取り入れた

②ナイトチョコレートとは、客人への心遣いのため枕元に2粒のチョコレートが添えられる。

③ナイトチョコレートは、世界的にスタンダードである。



「よし、ナイトチョコレートは面白いな、うちもやってみよう!」

と発展する場合、そのほとんどが上手くいかないかも知れません。

ただインパクトをだすために、異文化を取り入れても「つながり」が生まれません。



にほん営業科学が、アメリカのコンサルサービスをいきなり提供しても、違和感しかありません。


「つながり」とは、自社のビジョンに共鳴しているかどうかです。


ザ・キャピトルホテル 東急さんの場合、ビジョンは何でしょうか?


公式HPに記載されています。


「心和らぐ、上質な時間」


心が和らぐ瞬間を提供するために、細やかな心遣いがあります。


バスローブやパジャマは目に入る位置に。


日常を忘れてリラックスするために、証明は少し暗く。


上質なおもてなしの中で、ナイトチョコレートはどうだろうか?

ふと枕元を見ると2粒のチョコレートが置かれています。


ほんの少量の甘い物を口に含んで、幸せな気持ちのまま眠りにつく。



しかし、寝る前に甘いものを食べてはいけないという日本文化があります。


甘いものを口に含むことに抵抗があるかも知れません。


でも、日常的に縛られているルールから解放されて、本当にリラックスして欲しい。


そんな気持ちも込められています。



ビジョンという背景があるからこそ、ナイトチョコレートがお客様へ伝わる物語になります。

自社のビジョンと他国のスタンダードな文化が融合した、素晴らしい事例ですね。



皆さんの場合はいかがでしょうか?


「ビジョン×他国のスタンダード」という視点で、面白いサービスが発見できるかもしれません。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示