【帰りのタイムカードを押した瞬間元気になる人】

おはようございます。にほん営業科学です。

  

  

先日こちらでビジョンについて少し触れました。

https://www.ekagaku.com/post/vison_2

     

  

ビジョンは弊社のコンサルティング技術、

  

「営業科学フロー」で最も重視しています。

   

  

ビジョンが何故大事なの?というと、

   

少し抽象的で分かり辛いかも知れません。

   

     

では、逆にビジョンが全然浸透していない企業は、

  

どのような状態でしょうか?

   

  

例えば、あなたの周りにもこのような人がいませんか?

 

 

=========================   

社員のAさんは、毎日元気のない顔でタイムカードを押して出社します。

  

  

のんびりとコーヒーを淹れて、あくびをしながら朝のメールチェック。

 

  

会議に参加させても眠そうで、ウトウトしている。

   

 

日報を書かせても適当だし、提出しない日も多い。

  

  

もっとやる気を出せ!と、叱咤しても全然改善しようともしない。

   

  

そんな社員Aさんは

   

「なんでこんなところで働いているのだろう?」

   

と常に疑問を持っています。

  

 

そして、帰宅のタイムカードを押した瞬間元気ハツラツ!

      

 

笑顔が会社から家へ帰宅します。 

==========================

  

・・・こんなのAさんの勤務態度が悪いだけじゃないか!

   

  

と思われるかもしれませんが、

  

ほとんどの場合そうではありません。

   

   

ビジョンが全く伝わっていないためです。 

  

  

ビジョンが伝わっていない状態ですと、

  

常に「やらされている」という気持ちが付きまとい、

   

どうしても行動が受動的になるのです。

    

  

会社に自分の時間、人生を拘束されているという感覚ですね。

  

この状態だと、誰でも眠くなり、やる気が失せるのは当たり前です。  

   

  

雇う側も雇われる側も、どちらもしんどいですよね。   

  

     

この状態をなくすためにも、ビジョンを語るということが重要になってきます。

→    

https://www.ekagaku.com/post/vison_2

     

     

もし、ビジョンに関してお悩みがあるならば、

  

問い合わせページから是非お問い合わせください。

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社