【すぐに体の使い方を修正できる営業訓練法】

おはようございます。にほん営業科学です。 

  

 

弊社の井上は心理学を専門で学んでおり、

   

カウンセリングの技法なども営業に取り入れています。

   


その中でも対面するとき、相手をいかに緊張させないか?

    

ということに気をつけています。

  

 

あなたは、商談をするときに

  

自分の体の使い方を意識したことはありますか?

   

  

もし、答えがNOであれば、次のことを実践するだけで

    

相手に与える印象ががらりと変わりますので、

     

   

井上が1万件以上訪問したなかで、

    

ベストな体の使い方です。

    

  

1)座る位置は90度がベスト。正面であれば、10センチ程度位置をずらす

  

  

2)表情は基本笑顔で、相手の話によっては喜怒哀楽をだす。

  

  

3)姿勢や動作を相手に合わせる。例えば相手が前傾姿勢になったら自分の同じ姿勢に。

  

   

4)声のトーンは、相手の高さに合わせて途中から徐々に上げていく

  

  

5)声のスピードは、相手に合わせて、途中から徐々にペースを上げる

  

  

  

更に、これらを無意識にできるようになると、

   

かなりの安全感を作りだすことができます。

  

  

テクニックの話になりましたが、

   

本質的には営業の場で「安心・安全」を作りだせるか?が重要です。

 

  

極端な例でいうと、営業マンがいきなり自宅に訪問してきて

  

玄関で営業を始められたら、「警戒心」しかありませんよね。

  

  

この状態であれば、どのような商品であっても売れることはありません。

   

   

商品の売り方を考えると同時に、

 

どうすれば、お客様に安心・安全の場を提供できるか?

    

という課題に取り組んでいくことをお勧めします。

   

  

今日は、その一つとして体の使い方でした。

 

  

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社