商品のカテゴリーを破壊する方法

        

おはようございます。にほん営業科学です。 

  

有名な理論ですが、ジョブ理論というものがあります。

  

  

よくある例え話ですが、以下のようなイメージの理論です。

   

   

1) 靴を履く習慣のない地域に、靴のセールスマンが派遣されました。

    

2)そのセールスマンが市場調査をすると、「市場はない」という結果がでました。

       


…まぁ当たり前ですよね(笑)


ここから続きがあります。



3) ジョブ理論を使って考えると「足裏の保護」というジョブが見つかりました。 

 

4) そのセールスマンは、安価で丈夫なサンダルを開発し市場を開拓し成功しました。

 

 

 

ポイントは、3)をいかに見つけるかですね。



靴から抽象的な「足裏の保護」というカテゴリーに視野を高くすることですね。



新しい市場を生みだす人は、この思考方法に非常に優れています。

  


では、この発想をするために質問をしてみますね。



●どんなジョブをさせるために、「商品」を雇いましたか?



少し分かりにくい質問ですが、


先ほどの靴の例でいうと以下の回答になります。



「足裏の保護をさせるために、靴を雇った」

 


このように、あなたの商品でシミュレーションしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ジョブの部分は、商品を使う過程など詳細にイメージしてみてください。

  

意外なところに、新規市場のヒントがあるかも知れません。


14回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社