top of page

【ゴールに近づくとやる気がアップする】

おはようございます。にほん営業科学です。 


目標に対しての「人の心理状態」は、たくさんの視点があるのですが、

今日は、ひとつ面白い心理を紹介します。


それは、


「人はゴールに近づくとやる気がアップする」


ということです。



例えば、想像してみてください。


マラソンで10kmを走っていて、あと残り300mとなったら心が奮起しないでしょうか?


ダイエットをしていて、あと1kgで目標だ!となった時、心が躍らないでしょうか?


このようにゴールが近づくと、ほとんどの人は悶々とやる気が沸いてきます。

(稀にゴールに近づいて飽きてしまうという人もいますが。)



では、これを営業に落とし込むとどのようなことができるでしょうか?


例えばですが、スタンプカードなどですね。


ラーメン屋に行って、一杯食べるとスタンプを一つ押してもらえる店があるとします。


10個のスタンプを貯めると1杯無料になるスタンプカードです。



ここで面白いのが、

10個ためるのを1から始めるのではなくて、

12個ためるのを3つ目から始めるようにするのです。


つまり、初めから2つのスタンプが押されている状態ですね。

その状態でお客さんにスタンプカードを渡します。


すると、最初に申し上げた目標に対しての心理が働いて、

よりリピートしていただきやすくなります。


実際に、このような実験を比べた店舗はたくさんありまして、

後者のほうがよりリピートが多くなるという結果もあります。


初めからたくさんスタンプが押されているカード。

みなさんも心当たり無いでしょうか?


それは、こういった目標達成の心理を利用した仕組みなのですね。



「より、お客様にゴールを近く感じさせる仕組みは何だろうか?」


ということを一考してみてはいかがでしょうか?

閲覧数:15回
bottom of page