【メタ認知の効果的な使い方】

おはようございます。にほん営業科学です。 

        

 

「メタ認知」という言葉が非常に流行っていますね。

   

   

メタ認知とは、簡単にいうと「自分が何を認知しているのか」を認識することです。  

   

  

例えば、りんごをあなたが左手にもっていたとします。

  

  

そこで、「私はりんごを持っている」と認識をすることです。

      

    

そして、人は認知のレベルを上げることができます。

 

   

もっと高い視点で見ると、

  

「何故私はリンゴをもっているのか?」

 

「何故リンゴが存在しているのか?」

  

という認識を持つことですね。

  

 

高い視点になればなるほど、メタ認知と呼ぶ認知にふさわしくなります。

   

    

    

さて、経営や営業の活動において、効果的なメタ認知があります。

  

  

それは、学習力を高めるメタ認知と言われています。   

  

   

次の5つの視点があります。

     

  

1:なぜかを知ること

 

2:自分を知ること

 

3:違いを知ること

 

4:過程を知ること

 

5:見直すこと

 

  

これをどのように使うかというと、

   

抽象的に学んだことと、自身の経験を結びつけるきっかけにするのです。 

   

  

例えば、営業で「お客様のフォローを丁寧にすれば、リピート率があがる」

  

というノウハウがあったとします。

  

 

これを1?5に当てはめて、自分の経験と照らし合わせてみます。

  

 

1:Aさんにフォローメールを送ると、リピートしてくれたが何故だろうか?

 

2:自分の長所を生かしてフォローをするならどんなことだろう?

 

3:AさんとBさんに送って反応が全然違ったのはなぜだろう?

 

4:フォローメールをどのように作成しただろう?

 

5:とりあえずフォローメールを送ったが、これでベストだっただろうか?

 

 

このようなイメージですね。

  

 

この5つの認知を素早く回す仕組みがある、

   

チームは非常に成長が速いです。 

 

 

すぐに使える振り返り方法だと思いますので、

 

是非試してみて下さいね。

  

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社