【意外と忘れがちなプラットフォームの理解】

こんにちは。にほん営業科学です。

引き続きこちらの記事について、SNSの理解を深めていきたいと思います。

参照記事:

Instagramは顧客理解を深める絶好の教材 Oisixに学ぶアカウント運用の理想形

https://markezine.jp/article/detail/33867#cxrecs_s

ここまで、SNSの投稿方法や、共感を得る方法を考えてきましたが、最後に重要なポイントがあります。 

それは、プラットフォームの理解です。

意外と見落としがちで、つい「便利なツール」という認識をしてしまいます。

世の中にも「集客には、〇〇を使ったほうがいい!」という情報で溢れていますよね。

思考を少し変えてみます。

何故、そのプラットフォームが存在しているのか?

例えば、Facebookの理念はこちらです。

「コミュニティづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を」

Facebookは最近グループ機能が大幅に変わりました。

コミュニティー運営のための機能が増えて、非常に使いやすくなりましたね。

この理念を強く体現するために、ツールをよりよく改善されています。

プラットフォームのミッションは、利用する私達も大切にしなくてはなりません。

会社の理念に全く共感しない人は、従業員として来て欲しく無い。

これは、プラットフォームにも当てはまります。

ミッションから遠ざかったことをすれば、プラットフォームから除外されます。

Oisixさんも、Instagramの理念を十分理解された上でのSNS展開でした。

そこで、各プラットフォームの理念をまとめてみました。

各プラットフォームのミッション:

Instagram:大切な人や大好きなことと、あなたを近づける facebook:コミュニティづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を

twitter:全ての人が、障壁無く、瞬時にアイデアや情報を作成、共有できるようにする Youtube:表現する場所をあらゆる人に提供し、その声を世界中に届けること

Wordpress:パブリッシングを民主化すること、そしてオープンソースに付属する自由を信じている

改めて確認すると、面白いですよね。

各HPに行くとより深い意味を知ることができます。

そして、自分のやっていることが、プラットフォームのミッションと親和性があるか?  

プラットフォームのミッションを達成する行動になっているだろうか?

この視点から考えて、自身が何を発信しようとしているのか。

お客様へ大切な情報を届けるために、是非一度調べてみることをお勧めします。

文責:玉谷直紀


8回の閲覧

最新記事

すべて表示
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社