【顧客は調査をするということを忘れない】

おはようございます。にほん営業科学です。

     

   

インターネットの普及で、消費者のとる行動が一つ増えました。

   

    

それは「調査」です。  

  

  

例えば、おそらくあなたも料理屋さんを選ぶ時に、

  

まっさきに見るのはレビューサイトやまとめサイトではないでしょうか?

  

  

ついつい、☆がたくさんついたお店や、評判のよいお店を選びますよね。  

 

  

これが調査という行動ですが、もう少しかみ砕いてみます。

   

   

レビューのサイトを見て、あなたはどのようなところに反応しますか?

  

  

「店員さんが気さくで対応がよく、とても楽しく食事ができました!」

  

「この安さなのに、高級店に負けないぐらい絶品なお肉だった!また行きたい!」

   


ネガティブなものだと、

  

「お店に入ると机は汚く、店員さんが料理を間違えても取りあってくれませんでした。最悪です。」  

  

などでしょうか。

   

 

お店を判断するのに重要な情報ですよね。

   

  

これって何かと言いますと「体験についての情報」になります。

  

   

「テーブルに、炭火が置いてありそこにお肉を置いて焼けるようになっています」

  

  

というような機能の情報ではないですよね。

  

 

機能の説明で、興味をそそられることはあまりないと思います。

   

   

 

では、何が言いたいかといいますと、

     

  

「商品の機能をいかに素晴らしく説明するか?」

     

というところにフォーカスがいくと失敗するということです。

   

 

機能そのものが強く求められている商品でない限り、

   

実際のところ興味のある顧客はほとんどいないということですね。

  

  

例えば、ラーメンの作り方、素材へのこだわり、よりも

  

「どんなおいしい体験があったか?」というほうが気になるのです。

  

  

例ですが、1)は機能の説明で、2)は体験のレビューです。

  

どちらに興味をそそられますか?

      

    

1)「麺は北海道産の小麦粉を使用し、スープは丸3日煮込んだ店長こだわりの一品です!」

    

  

2)「麺を一口すすった瞬間から、箸が止まらなかった。ラーメンのスープはいつも残すが、この店のスープだけは飲み干さずにはいられなかった」

  

    

おそらく2)のレビューを見た瞬間、興味がそそられると思います。

   

   

もしあなたの商品が、機能の説明ばかりになっているならば、

     

「私の商品は、どのような顧客の体験につながっているのだろうか?」

  

と、問いかけてみることをお勧めします。 

   

  

新たな切り口が発見できると思います。

6回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社