【いかにして顧客に嫌われるかを考える】

おはようございます。にほん営業科学です。

    

 

一般的にマーケティングを考えるときに、

 

ペルソナは誰だとか、

  

その人に対してどのような価値が提供できるかを考えますよね。  

  

 

一方、「その人意外に対して嫌われるために何をすればいいか?」

  

  

というのを考えたことはありますでしょうか?

  

  

商品コンセプト作りには、とても重要になります。

 

 

世の中の商品をこの視点で観察してみると理解できると思います。

 

 

例えば、マクドナルドとモスバーガーを比較してみると、

  

分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

モスバーガーは作り置きはせず、

  

オーダーが入ってから調理をしますね。 

     

  

店内もゆったりしていて、

  

オシャレなジャズが流れていたりする店舗もあります。

  

  

これって誰に嫌われますでしょうか?

  

  

ハンバーガーが食べたくて、

  

とにかく急いでいる人には、まず立ち寄らないですよね。

  

  

このような人たちは、マクドナルドに行くわけです。

  

   

逆に、急いで騒がしい人がたくさんお店にくると、

  

モスバーガーに来ると困るわけです。 

  

 

急かされて、ひとつひとつ丁寧に調理できないですよね。

  

  

すると、モスバーガーのコンセプトはことごとく破壊されます。 

   

  

そして、「誰に嫌われるか?」を考慮していないコンセプトは、

      

「誰からも愛される」という発想で生みだす傾向が多いです。

  

    

よくある失敗例が、「顧客満足の追及」や「最高の品質」などです。

  

  

志は素晴らしいですし、追及するべきだと思いますが、

 

こういったコンセプトは、

  

集客のハードルが一気に上がりますので注意してくださいね。

18回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社