【オンライン上で共感を得るために必要なこと】

こんにちは。にほん営業科学です。


今週は「会員数19万人の食材宅配サービス会社から学ぶ、SNSの使い方」

をテーマにお伝えします。


参照記事:

Instagramは顧客理解を深める絶好の教材 Oisixに学ぶアカウント運用の理想形

https://markezine.jp/article/detail/33867#cxrecs_s



SNSで共感を集めるってどうすればいいのだろう?


大切なポイントを3つお伝えします。



1)情緒的な価値のアウトプット


参照記事の要約になりますが、まず重要なポイントが


「ユーザーのシェアから、自分の暮らしに合っているという共感が得られる」


ということです。


インスタグラムで「#オイシックス」を検索してみましょう。


https://www.instagram.com/explore/tags/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/?hl=ja


料理の写真がたくさんでてきます。


写真には、次のような文章もあります。


「買い物に行かないで済むのもラク」


「自分で献立を考えずに作れるのに、自分にない味つけや手順を知ることができる」


この写真と文章をみて、自分の生活に置き換えてイメージできるのではないでしょうか?


視覚だけでなく、嗅覚、味覚も想像して刺激になりますよね。


ユーザー目線で、商品の使用したときの情報が、


日常生活をイメージする写真で知ることができる。


これは、共感が非常に得られやすくなります。


このような投稿が、生活・想い・考えが乗った情緒的な価値になります。




2)ビジュアル情報を軽視しない


情緒的な価値を伝えるためにビジュアルが重要です。


そもそも、ビジュアルってどれほどの効果があるのでしょうか?


試しのこちらの図を見てください。


今日の記事の内容を図にまとめました。







いかがでしょうか?


このブログの文章を読むよりも早く理解できると思います。



MITの研究では、画像の処理は13mm/秒で理解できるという結果がでています。


それに対して文字は200mm/秒かかります。



理解の早さというものが、ビジュアルの強い武器になります。


理解の早さゆえに、コミュニケーションもスムーズになります。


私達が普段スマホでパパっと見るときに、

一瞬で理解できるほうが興味を惹かれますよね。


他にもメリットはありますが、

「早さ」というのが一つ重要なポイントになります。



3)メッセージの統一


情緒的な価値を伝えるために、ビジュアルが有効なことは分かりました。


ただ、やみくもにビジュアルを使ってメッセージを発信しても


結局は「この会社なんだったけ?」となります。


オイシックスの記事では、


広告とオーガニックを、ミッションからブレないように統一しているとありました。


統一を考えるとき、まずはお客様との接点をすべて洗いだしてみて下さい。


例えば、ケーキを販売していたとします。


・売り場

・ウェブサイト

・SNS

・テレビ

・パンフレット

・贈り物

・広告・新聞・口コミ


と、たくさんでてきます。


そのほとんどが、ビジュアル+文章で接しています

※口コミだけ、評判が占めるので例外です。


このすべての接点で、メッセージを統一させる必要があります。

(ブランディングについては後日書きますね)


弊社でも、お客様との接点で必ずロゴ、デザインがあります。


是非一度接点を洗い出してみて、メッセージがブレていないか確認してみて下さい。



最後に大切なポイントをまとめます。


①共感を得るために情緒的な価値を伝える必要がある。

②情緒的な価値は、ビジュアルを使い一瞬で伝える

③お客様との接点を洗いだして、メッセージを統一させる


次の記事では、発信する内容をどう考えていくか、

読み解いていきますね。


文責:玉谷直紀

15回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社