top of page

【ノンストップ・ライティングで営業の悩みを洗い出す】

おはようございます。にほん営業科学です。

    

 

営業で発生する問題は、常に何が起こるか分かりません。

   

     

ある日突然売れなくなったり、

  

何故か一部の地域だけクレームが多発したり、

  

今までリピートいただいていた商品が打ち切られたり。

   

 

悩みは人それぞれですし、

     

中には言語化できず、頭の中でモヤモヤしていることはないでしょうか?

   

  

そこで「ノンストップ・ライティング」という技術をお伝えします。

   

  

名前の通り、15分間ひたすら言葉を書きます。

   

やり方は次の通りです。

    

 

1)紙とペン、PCやテキストエディタなんでもいいです。

 書くために必要なものを用意してください。

 

 

2)タイマーを15分セットして開始します。

   

 

3)営業に関して、タイマーが鳴るまでひたすら書き続けます。

手を一切止めないで下さい。

   

改行や、段落、句読点、漢字など気にせず、

       

頭に思い浮かんだものをひたすら書きます。 

     

 

単語の羅列でもいいですし、訳の分からない言葉でもいいです。

    

絵やグラフでも構いません。

     

   

書くことがなくなったら、

   

「書くことがなくなった」と書いて下さい。

   

   

絶対に止めないことがルールです。

 

 

4)書いているうちに、「これは書いてはいけない」とか、

 

怖い感情など沸いたら、無視してそれをとにかく書きましょう。

   

  

5)15分たったら手を止めてください。

  

 

さて、15分試してみて気づいた方もいらっしゃるかも知れません。 

   

 

手が止まりかけたとき、

  

あなたの頭の中で、次のような言葉が浮かばなかったでしょうか?

  

  

「これを書くのはダサイのではないか?」

 

「人に見られるとまずかも。」

 

「大げさに書きすぎじゃない?」 

  

「幼稚な文章だな」

   

 

人によって様々ですが、これらはあなたの

   

言語化をさえぎっている自分の中の「自己批判者」になります。

 

 

実は、中々言葉にできないのは、

  

この「自己批判者」が強く働くためです。

  

 

例えば、「幼稚な文章だな」という批判が

  

自分の中で住みついていると、大人な文章と判断するまで言葉がでてこないのです。

  

  

あなたの中の「自己批判者」が何かを知って、

  

取り除くことで、営業の問題でもスムーズに言語化できるようになります。   

   

本当に、何も思い浮かばない、言葉にできないとなったとき

  

是非ノンストップ・ライティングを試して見てくださいね。 

  

チームでやっても面白いですよ。

  

  

閲覧数:16回
bottom of page