【パーセント表示を避けたほうがいい理由】

おはようございます。にほん営業科学です。

  

今日は少し小ネタを紹介します。



早速ですが、次の質問でどちらがより怖く感じるでしょうか?



1)死ぬ可能性もあるが、生存できる確率が90%の手術


2)受けた患者の10人に1人が死亡する手術



どちらも同じ内容ですね。


おそらく②のほうが、怖く感じられたと思います。



ジェイソン・ツヴァイクという人が研究した内容ですが、


数字をパーセントにするか、実数にするかで解釈が変わるということです。




何故②のほうが、怖く感じるかといいますと、

それは実感を感じるためです。



例えば、


「2%の確率で不幸にあう」


「100人のうち2人が不幸にあう」


このように示されたとき、

後者の方が、実際に不幸にあった2人を想像してしまうのです。



では、これをどう営業に落とし込むかですが、

ポジティブなメッセージには、パーセントを使わないということです。



例えば、満足度の表示ですね。



こちらも%表示をしている企業が多いですが、

実数を使うと強力になる場合があります。


1) 98%のお客様に「大変満足」の評価をいただいております。


2) 100人中98人のお客様に「大変満足」の評価をいただいています。



おそらく2)のほうが、よりよい商品に感じないでしょうか。


98人も満足しているんだと、より実感が強く感じるためです。



ただし、パーセントを使用したほうがいいときもあります。



それは、100%に近いほうがよいと証明できる場合です。


例えば、


1)95%の北海道産生クリームを使用しています。


2)100L中95Lが、北海道産生クリームです。


です。



2)を見ると、残り5Lは何が入っているの?と気持ち悪くならないでしょうか。笑



このように「100%のほうがいい!」というものは、必ず%にしてください。

(他にも、統計学的に%が高いほうがよいという場合です。)



「数字」と「%」という、

ちょっとした使い方で、印象がガラリと変わりますので、

使い分けに注意してくださいね。


11回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社