top of page

【「解決構築」型でビジネスの問題にあたる】

おはようございます。にほん営業科学です。

   

ビジネスでは、「問題解決型」の思考方法が主流になっていますね。

 

 

例えば、

 

  

1)問題の原因はここにあるのではないか?という仮説を立てる。

 

2)分析やデータを集めて調べる。

   

3)仮説が正しいと分かったら、解決策を立てる。

   

4)実行して、改善したか確認する。

 

 

このようなステップで思考する方は多いのではないでしょうか?

   

  

これに対して、  

   

「問題解決」の言葉の対義語、「解決構築」型の考え方があります。

  

 

カウンセリングの現場でもよく使われる方法です。

  

 

これは、「人対人」で原因の追究が難しい場合に有効ですし、

 

営業への自信をつけたい方へもおすすめです。

 

  

シンプルなやり方を言います。

   

 

1)問題が解決したらどうなるかを思い描いて、

 

その状態のとき何が変わっているか明確にする。

   

  

2)うまくいかないときは、こだわらずやり方を変える。

   

うまくいくことを見つけたら、それを変えずに続ける。

    

  

ここでポイントなので、問題解決のように失敗を分析するのではなく、

  

また原因を追究するのではなく無視します。

  

関心をもってはいけません。

 

  

上手くいったことだけ分析したり、続けます。

  

 

以下ように質問をして振り返ります。

 

 

「どうして、そうすることができたのですか?」

 

「どうして、問題にうまく対処することができたのですか?」

 

「うまく対処できた時のことを話してくれますか?」

   

  

こうして成功体験だけを積み上げていくのです。

   

   

前向きな部分にだけフォーカスを当てます。

  

 

ある意味「営業を科学する」というアプローチとは逆なのですが、

   

  

とくに気持ちが沈んでいるときに、解決構築の思考は癒しの効果があります。

  

  

問題解決に行き詰ったら、試してみることをお勧めします。

閲覧数:155回
bottom of page