【安易なパターン化に気をつける】

おはようございます。にほん営業科学です。

     

  

今日は、アンケートを見るときの注意点をお話しします。

    

    

例えば、アンケートをとってみて次のような結果が出たとします。

   

=====================

飲食店でアンケートを取ってみました。

   

その結果、19:00に唐揚げ定食を食べる人の90%は、30才代の会社員でした。 

  

だから、30代会社員の人は、夜に唐揚げ定食を注文しやすい。

=====================   

 

おそらくほとんどの方が、このような認識をされると思います。

 

    

すると次のような認識が生まれます。

   

  

「30代会社員=唐揚げ定食が人気」  

   

   

これを、「パターン化する」といいます。

  

    

ただ、実はここ盲点があるのです。

      

      

ほとんどの人は、一つの共通点を見つけると、

  

それは「○○のパターン」だなと考えますが

 

共通点は、パターンにはなりえないことがあります。

  

 

その理由は2つあります。 

   

   

一つ目は、複数の共通点が重なっていることです。

   

  

例えば、30代会社員でも

  

・非常に外周りを多い営業マン 

    

・朝早く出社して残業が多い

 

・未婚の人

  

色々考えられますよね。 

  

 

本質的には、非常いアクティブな営業マンに唐揚げが人気なのかも知れません。

 

 

もう一つの理由は、複数の共通点に因果関係があることです。 

  

  

「外周りが多い→ 残業しなくてはならない→ 未婚→ 1人ですぐ食べられる唐揚げ」

  

 

という因果関係が重なって、唐揚げ定食に繋がっているかも知れません。

    

    

このように質的なアンケートの場合、

   

もっと複数の共通点はないか、それらに因果関係はないかと

  

常に疑いながら分析する必要があります。

   

  

分かりやすく簡単な例を出しましたが、

  

実際のアンケートから、一つパターンが見つかったならば、

 

それをもっと具体的に掘り下げることがポイントです。 

    

   

会社員をもっと細かく分解するならば?

   

会社員はどのような行動をして、そこに行きつくだろう?

  

  

というイメージです。

  

  

ひとつの共通点だけにとらわれないよう、

  

アンケートを見るときはご注意くださいね。

 

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社