【他社とは違う商品を作ろう!の壁】

おはようございます。にほん営業科学です。

     

 

「他社と違う、良いことをやろう」  

   

ということは、誰もが実践していますよね。

  

 

しかし、ここには落とし穴がありまして、

  

「合理的な判断って突き詰めるとみんな同じ答えに辿りつく」 

  

ということを理解しておく必要があります。

  

  

合理的な判断とは、

  

お客様の悩みをインタビューしてそれを解決しよう。

  

データーを分析して、ユーザーの行動を見極めよう。  

   

などです。 

   

 

同じ業種の方が、同じ分析を行っても、

  

だいたい集まるデータは同じなのですね。

  

(よほど優れたアナリストがいれば別ですが)

  

  

そして、そのデータを土台に作られた商品は、  

 

おそらくすでに誰かが試していることであったり、 

  

逆に発見したとしても、すぐに誰かが模倣をします。 

  

   

では、どのようにして


「他社とは違う良いところ」見つけていくか?です。

    

  

それは、「賢者の盲点」を見つけることです。

   

  

賢者の盲点とは、

   

「物を知りすぎて常識に疑いを持たず見落としていること」

   

です。

   

  

例えばですが、オーブントースターがあります。

    

  

常識的に考えて求められているものは、

   

おそらく次のものではないでしょうか?

   

  

「急いでいる朝なので、いかに早く焼けるか?」

    

「たくさんの枚数を焼けて、クッキーや他の調理も容易にできる」

    

「安くて長持ちして、洗いやすい設計」  

   

  

リサーチするとこのような答えに行き着くはずです。

 

   

「他社とは違う良いところ」を見つけるには、

  

賢者の盲点を破る必要があります。

  

  

破るには、常識の逆に行く必要があります。

  

  

例えば、 

   

>そもそもパンを焼かなくても美味しく食べる別の調理方法がある

  

>逆にたっぷり時間をかけて、焼き釜から出したパンにできないか? 

 

 

などですね。

    

  

実際にこの発想でヒットしているトースターもあります。

  

 

この盲点を破るをのは難しいですが、

 

考える方法として「何故その常識が信じられているのか?」

   

という背景を追っていくことです。

  

  

「何で朝急いでいるの?」の背景は何でしょうか?

  

 

ここにヒントがあります。

  

  

ちなみに、焼き時間30秒を1秒にしようというのは、

   

「常識の先」の発想ですので注意してくださいね。

   

これは、やがて真似される運命にあります。

54回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社