【営業科学ってなんですか?】


こんにちは。にほん営業科学です。

社名に「営業科学」と記載していますが、

そもそも営業科学って何?についてお答えしたいと思います。



①「売り手・買い手」の共に、価値のある利益を出し続ける

「営業科学」とGoogleで検索してみます。

たくさんサイトがでてきますが、共通点がありますね。  

「営業を科学的に考えて、組織に売上をもたらす。」

どのサイトにも似たような文言があります。

が、私達の方向性は大きく違います。

「買い手」の存在が、そこに抜けてはいないか?

「買い手」とは、お客様のことです。

お客様に、価値ある利益を出し続ける。

そして、売り手も価値ある利益を出し続ける。

両者の繁栄をすべての前提としています。 

②そのための「営業力」を持ち、再現性の高い状態を目指す

両者の反映のための「営業力」を創り上げます。

「営業力」といっても、その要素は様々ですよね。

スケジュール管理、トーク、チームマネージメント、契約率、市場動向…など。

簡単に言うならば「ぼんやりした世界」を無くすことです。

・あれっ、なんでこれって売れたんだろう?

・なんか知らないけど、直感でいけた。

振り返ってみると意外と多いものです。  

このようなぼんやりした世界に再現性を持たせること。

再現性には、様々な視点から分析する必要があります。

お一人お一人の生まれた環境、関わってきた人、学んだこと、性格。

御社が販売している場所、商品、規模、目的、理念。

もしチームに新人営業マンが10人入ったら。ベテランが3人退職したら。

これまでのやり方が通用しないかも知れません。

常に変化する環境に置かれている私達が、100%再現性を出すことは不可能です。

だから、絶え間なく「再現性の調整」することが大切になってきます。

例え、ベテラン営業マンがいなくなっても。

新規市場に参入して、販路を拡大しようとしても。

変化に耐えられる仕組み作りを提供しています。

まとめますと、 

◎売り手と買い手の利益・繁栄の調和

◎ぼんやりした世界を再現できるように

◎変化に耐える仕組み作りへ調整する

「調和・再現・調整」この3つが組み合わさって「営業科学」としています。 


9回の閲覧

最新記事

すべて表示
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社