【形容詞の使い方で契約率が変わる】

おはようございます。にほん営業科学です。 

    

  

コピーを書いたり、セールストークをしたりと、

  

あなたの商品を紹介したり、進める場面は日々ありますよね。

  

  

その中でも注意して組み立てる言葉があります。

   

  

それは、「形容詞」です。 

     

    

すごい、美味しい、冷たい、などの修飾する言葉ですね。

  

  

この形容詞をいかに具体的な表現に変換するかです。

  

 

例えばですが、つぎの2つを比べて見てください。  

   


・とても新鮮な魚です。

  

・たった今、生けすからあげたばかりの魚です。

  

  

後者の方が、「新鮮さ」を頭の中でイメージできますよね。

  

  

デパートの魚売り場で、後者のように声がけされたら興味をそそらないですか?

  

  

具体的になると、臨場感を相手に与えることができるためです。

   

   


それでは、あなたが普段使っている言葉で、省略して使っている形容詞はないでしょうか?

    

  

「こちらはすごい商品なんですよ?」

  

    

「とても綺麗なカバンですよ?」

  

  

…など、ですね。

 

そこで、変換するときのポイントがあります。

  

   

・生き生きした表現(ポジティブ)にする 

  

・五感を刺激する表現にする

  

・叙情、郷愁を感じる表現にする

  

・ブランドの表示をする

   

  

先ほどの魚の例は生き生きした表現ですが、

    

例えば五感を刺激する表現に変換してみると、   

  

  

・とても新鮮な魚です。

↓  

・しめたばかりで、コリコリした食感を今しか味わえない魚です。

   

  

のような表現になります。 

   

  

上の4つポイントを参考にして、変換してみて下さい。  

  

   

ただ、注意していただきたのは、

   

スピードを求める人に対しては、簡潔な言葉の方がよい場合があります。

    

一瞬しか見られない広告に対して、長々と文章を書いても誰も読みません。  

  

   

万能というわけではありませんが、

  

トークやコピーのブラッシュアップには必ずなります。   

  

  

是非、ご自身が使っている言葉を分析してみて下さいね。 

  

  

16回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社