top of page

【専門家として認められために必要なこと】

こんにちはにほん営業科学です。

井上が営業マン時代、とても悩んでいた言葉がありました。 

「何故あなたから買う必要があるの?」

「何故あなたがその商品を売る資格があるの?」

疑問にうまく答えられず、口を濁していました。

この答えがないまま営業しても、お客様はライバルの商品を購入されていきました。  

いくら商品の素晴らしいポイントを説明しても、売れませんでした。

改めて質問されると、中々答えにくい質問ですね。

もし、この疑問に即答できるなら本当に素晴らしいと思います。

井上は、答えがでなく悩んでいたとき、ふと商店街を思い出しました。

魚屋さんを訪れると、一瞬で鮮度いい魚を選んでくれます。

素人目には、何故その魚なのか分かりません。

お肉屋さんもしかりです。 

お客様に美味しいものを届けるために、鮮度のよい商品を目利きして仕入れてくるのですね。

営業にも、同じように鮮度が大切じゃないかと。

では、営業で鮮度とは何だろうか?

営業で目利きできることって?

一つ辿りついた答えがあります。 

それは、「1秒で悩みを言い当てる」ことでした。

例えば、当時の井上のお客様は美容師さんでした。

美容師さん向けに健康商品を販売していました。

体のコリなどにとても良く効く商品です。  

そのため、相手の「痛みはどこにあるか?」を一瞬で言い当てる訓練をしました。 

例えば、右利きで右肩がやや下がっている。

姿勢はやや前傾で、ハサミで何度も指を動かします。

長時間同じ作業をするので、だんだんコリが右側に出てきます。

このとき、痛みの箇所を言い当てます。

「左の首と、右の腰が痛かったり、だるくなったりしませんか?」

この訓練を5年で1万件訪問して実施しました。

一瞬で痛みの箇所を見分けられるとお客様の疑問が変わります。

「なんでそれが分かるの?」 

もはや「何故あなたがその商品を売る資格があるの?」という疑問が出てくる余地がありません。

目の前で一瞬で目利きできる、実力を知っていただけますから。

あなたが普段仕事をされているなかで、一瞬で見極めることができることは何ですか?

この一つを極めるだけで大きな武器になります。 


文責:玉谷直紀


閲覧数:25回
bottom of page