【葛藤の中には、必ずストーリーがある】

おはようございます。にほん営業科学です。 

   

  

音楽、映画、小説などは、時間芸術ですよね。

   

一定の時間を観賞することで感動を得たりします。

  

  

映画館に入って、2時間が一瞬に感じことは誰もがあるのではないでしょうか?

    

    

逆にいうと、このような芸術で最も難しいのは、

     

鑑賞者に時間を感じさせないことです。

     

     

実はこれ、営業でも同じことが言えます。

    

    

商談相手に時間を意識させるようでは、契約することは難しいでしょう。

    

    

あなたの話を聞いている相手が、ちらちらと腕時計を見ていたら、

おそらくあなたの話には全く関心がありません。

   

  

では、この時間を感じさせなくする最も大切な要素はなにでしょうか?

    

    

それは、「葛藤が頭の中で行われている間、人間は時間を忘れる」ということです。 

       

        

何故かというと、葛藤の中には様々なストーリーが流るためです。

   

   

例えば、質問します。

  

    

おそらく誰もが自身のストーリーを頭に思い浮かぶのではないでしょうか?

  

    

・今すぐ欲しいけど、手に入らず悔しい思いをしているものは何ですか?

   

・もし、今問題に感じていることがなければ、あなたは何をしますか?

    

・あなたは理想を手に入れるために、今どんなことと闘っていますか?

   

  

いかがでしたでしょうか。

  

      

では、この質問をあなたのお客さんの立場で考えてみてください。

   

  

主語をすべてお客さんにしてみます。   

 

     

あなたは、お客さんの葛藤をどれくらい理解していますか?

  

           

もし、その問題をあなたが解決することができるならば、

  

時間を忘れて夢中で商談することができるはずです。   

    

12回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社