【答えを伝えないセールストーク】

おはようございます。にほん営業科学です。

     

  

セールストークをするときに、ティーザーをかけることはよくありますよね。

  

  

契約率を高めるときに非常に重要な要素です。 

 

  

ティーザーとは、情報を少しだけ、断片的に出すことで

   

好奇心を作りだす方法です。

   

   

簡単に言いますと、テレビを見ていて、いい場面でコマーシャル入り、

  

続きが気になってしょうがないとう状態を作るイメージです。

    

 

 

この時のティーザーは、

   

「次に何が起きるのか?」

  

という疑問を生みだす方法になります。  

  

   

実は、他にもう一つ視点がありまして、

   

「自分の答えはあっていたのか?」

   

という好奇心を生みだす方があります。

  

    

例えば、Facebookでクイズの画像が流れてきて、正解はこちらから。

  

という広告がよくありますね。

  

  

1+3=5231

3+9=○○

  

○○の正解はこちらから!→ 

  

 

このような感じのクイズです。

       

答えが気になって思わずクリックした人は、多いのではないでしょうか?

   

   

これが「自分の答えはあっていたのか?」パターンになります。

   

  

では、トークでどのように応用するか、あなたならどう考えますか?

    

 

実は、この答えは非常に重要で弊社のセミナーでお伝えしています。 

  

     

・・・と、このように質問を投げかけて、

   

あえて答えは出さないでおきます(笑)

     

  

少しでも気になった方は、ティーザーが効いているためです。

   

  

「自分の答えはあっていたのか?」という視点のティーザーは、

  

意外と見落としがちなので、是非トークに取り入れてみて下さいね。

 

16回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社