【長期的な視野を入れて誰をターゲットにするか?】

こんにちは。にほん営業科学です。

今回のニュースで「SNSのテーマ」について最後になります。

参照記事:

Instagramは顧客理解を深める絶好の教材 Oisixに学ぶアカウント運用の理想形

https://markezine.jp/article/detail/33867#cxrecs_s

こちらの記事で、「デモグラフィックが通用しなくなるかも知れない。」という言葉が出てきました。

デモグラフィックって分かりにくい言葉ですが、

簡単に言いますと、私達がターゲットに決めるとき、

「年齢、性別、家族構成、所得、職業」

などを考えたことはありませんか?

人や家族などを軸とした、分け方です。 

最もスタンダードな分類の仕方ですよね。

では、何故デモグラフィックが通用しなくなってくるのか?

Oisixの例を噛み砕きますね。

私達は、コロナ禍で家にいるの時間が長くなったと思います。

そこで30代のインサイトを調べてみると、同じ年代でも明らかに違っていました。 

例えば、どれくらいの子供がいるのか?

何歳の子供がいるのか?

両親と同居しているのか?

たったこれだけ状況が違うと、同じ30代でも抱えている問題が違います。

子供がいる生活では、どのようなインテリアになりますか?

独身の人はどのような食器を使っているか?

デモグラフィックという分け方をして、インサイトを考えるよりも、

Instagramに上がってくる投稿をよく観察して、

お客様の暮らしや価値観を理解し、サービスへ還元していく。

この傾向がもっと進むのではないか?

これがやはりSNSのメリットで、お客様の反応をダイレクトに見れることではないでしょうか?

デモグラフィックはとても便利で、20代、30代、40代と分けてデータを見ると、何かしらの傾向は見えます。

最近20代の人たちにプロテインがよく売れている。

だから20代向けのプロテインを開発しろ!

ではなくて、一度Instagramでも「#プロテイン」で検索してみると

また違った視点が見えますね。

https://www.instagram.com/explore/tags/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3/?hl=ja

プロテインと一緒に写っている女性の写真がたくさんでてきます。

ここにどのようなインサイトがあるでしょうか?

是非、この視点でSNSの情報発信をしてみて下さいね。

文責:玉谷直紀


6回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社