【「空→低気圧→塩」という思考法】

おはようございます。にほん営業科学です。

    

 

「空→雨→傘」という思考パターンを聞いたことがないでしょうか?

  

   

「空」は、事実を指します。

     

今空を見上げると雲が広がっているなと認識することです。

  

 

「雨」は、解釈をすることです。 

  

雲を見てそろそろ雨が降りそうだなと解釈します。

  

   

「傘」は、行動をします。

  

雨が降りそうだと解釈したら、傘を持っていくことにした。

   

 

こういう思考パターンですね。

 

客観的な事実の認識に非常に優れた方法です。

  

  

実はもう一つあるのをご存知ですか?

    

  

それは「空→低気圧→塩」です。

  

  

これは新しいアイディアを発想するときに使います。  

 

  

「空」は、同様に事実を指します。

      

空を見上げると雲が広がっています。

    

 

次に、「低気圧」です。  

 

低気圧は前提を指します。雨が降るための条件ですね。

  

  

低気圧により上昇気流が発生して、

  

それが上空で冷やされ水の粒ができ落下するわけですね。

  

 

そして最後に「塩」です。

 

ここでみなさん「?」となるのですが、

  

これは雨を降らせる条件を破壊します。

  

 

低気圧が雨を降らせるという概念を破壊して、

  

塩を空に撒いて、雨を降らせるという前提に変えるのです。

   

  

人工降雨の実験で、実証されたことなのですが、

  

ヘリコプターで雲の下から塩を微粒子を撒くと、

   

塩の周りに水の粒子が集まり、重くなって水が雨となって落下するのです。

  

  

まとめますと、

 

「事実→解釈→行動」

  

に対して

 

「事実→前提→破壊」

 

になります。

  

  

新しくアイディアを発想するときに、

 

非常にパワフルなフレームワークですので。

 

是非試してみてくださいね。

  

 

ちなみに「空→低気圧→塩」は、検索しても出てきませんので、

  

ここだけのお話しです。

  

9回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2018 にほん営業科学株式会社