【クリエイティブ=ユーザーの旅を描く】

こんにちは。【クリエイティブ-ユーザーの旅を描く】にほん営業科学です。

昨日の続きです。


SNS投稿の内容について、

どうクリエイティブを発揮していけばよいでしょうか?

oisixの記事では、ユーザーの日々の投稿を観察して、


社会の変化よってお客様の暮らしがどう変わるのか?


それをクリエイティブに反映させる。


ということでした。


そのためにInstagramは恰好のツールになります。


ただ、漫然とInstagramの投稿を見つめても

クリエイティブに反映させるのは難しいかも知れません。

今日はひとつコツをお伝えします。

それは、ジャーニーマップともよく言いますが、

お客様の始めから終わりをすべて描くことです。

私達がよく陥る罠があって、商品を提供する瞬間に注目しがちです。

oisixでも、料理を作るとか、食べる瞬間をイメージしますよね。

Instagramの投稿をみても、料理に注目します。

そうではなくて、関わる初めから、終わりをすべて描きます。

例えば、

食材が買えるサイトを探す

oisixiのサイトをみつける

会員登録ページに行く。

会員登録をする

注文をする商品を探す

カートに入れる。


など、細かくすることができます。

これらすべてが、クリエイティブのヒントになります。

社会が変化すると、このお客様の一連の行動に

どんな影響を与えるでしょうか?

コロナ禍で、どの行動に大きな変化があっただろうか?

それに対して、みんなが共感するは何だろうか?

こういった視点で、投稿内容を考えていくと

共感が得られる記事になり、CTRも上昇するはずです。 


共感に関して、もう少し掘り下げると、

こちらの記事の質問が非常にパワフルです。 

https://www.ekagaku.com/post/sale_8


因果関係を辿っていく思考になります。


1)お客様に何かが起きる 2)続いて別の何かが起きる 3)それが原因で別の何が起きる

4)何かが起きたが、それば別の何かと関係がある

是非、一読してみて下さい。


4回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020にほん営業科学株式会社